×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巻き爪の治療は自分で治せます。

 

巻き爪と症状

その変化の仕方は、爪の周りの皮膚が赤くなり、腫れ、痛みが出現する炎症期から始まります。 そして、皮膚に爪が陥入し硬い爪が皮膚を傷つけたりして膿がたまる化膿期、さらには爪の刺激に反応し、赤い肉が盛り上がる肉芽期へと症状が進行します。 痛みを軽減するために爪を深く切ることでさらに症状が悪化してしまいます。 症状が進行すると治療にそれだけ時間がかかり痛みもひどくなります。

 

 

詳細はこちらからどうぞ↓

 

巻き爪治療 兼田式4週間プログラム