×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巻き爪の治療は自分で治せます。

 

巻き爪の再発

元から一部切除する手術をしたにもかかわらず、小さい爪が生えてきたり、残っている爪がまた巻いてきて、皮膚にくいこむようになってしまうことがあります。 高いお金を払って、痛い思いをして、手術をしたのに、再発してしまうのは、本当につらいことだと思います。 このような思いをしないように、巻き爪になりやすい爪の人は、再発する可能性が高いということに注意していただきたいと思います。 再発するのはあたりまえと考えて、早め早めに、ワイヤーやプレートなどをつかった矯正方法で、巻き爪をケアしていけば、お金も時間もかからずにすみます。 巻き爪が再発しないように注意すべき点は、足にあった靴をはく、きついストッキングを長時間はいたりしない、爪を切るときに深爪しないようにするといったことです。 巻き爪が再発してしまって、爪のまわりに赤みがあったり、化膿して痛みがある場合は、すぐに皮膚科に行きましょう。

 

 

詳細はこちらからどうぞ↓

 

巻き爪治療 兼田式4週間プログラム